オプテックスとザイマックス 建物運営管理のIoTサービス構築にむけて共同実証実験を開始

オプテックスとザイマックス 建物運営管理のIoTサービス構築にむけて共同実証実験を開始
~第一弾は、センシング技術を用いた看板状態の遠隔監視及び保守サービス~

 オプテックス株式会社(本社:滋賀県大津市、代表取締役社長:上村 透、以下「オプテックス」)と株式会社ザイマックス(本社:東京都港区、代表取締役:島田 雅文、以下「ザイマックス」)は、IoTを活用した新しい建物の運営管理サービスの構築に向けた包括的な取り組みの第一弾として、センシング技術を用いた看板状態の遠隔監視及び保守サービスに関する共同実証実験を開始しました。

 建物を安心・安全に利用できる状態を維持・提供する運営管理の現場においては、建物・設備の状況や執務環境などについて多数の点検項目が法令上定められています。一方、建物の壁面などに取り付けられた看板には、目視点検のみで明確な点検方法が確立されておらず、昨今、多くの自治体が屋外広告物条例を改正する動きが出ています。その背景には、老朽化した看板が落下する事故が全国で多数発生していることとともに、今後もこのような事故のリスクが高まっていることにあります。さらには、看板は風雨や日光にさらされる過酷な使用環境下である中、高所に設置されているため、点検作業は大がかりとなり、日常の目視点検では劣化や異常を把握するには十分でない、という課題もあります。

 ザイマックスとオプテックスが行う今回の実証実験では、安心・安全であるべき建物の盲点であった看板の状態監視及び保守に関して、IoTを活用した遠隔監視及び保守サービス運用の実現にむけて技術とサービスの有効性の検証と課題の明確化を行います。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年2月7日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。