不妊治療は20歳代から始めるべき? 妊娠した人、しなかった人の差

不妊治療は20歳代から始めるべき? 妊娠した人、しなかった人の差
拡大する(全1枚)
不妊治療netでは、20代~50代の女性を対象に不妊治療に関する実態調査を行いました。
調査の結果、不妊治療経験者(※1)のうち妊娠した方の割合は67.2%であり、不妊治療未経験者(※2)の抱くイメージを上回ることが分かりました。また実際に妊娠した方は、より若い年齢で不妊治療を開始していたことも分かりました。

不妊治療netでは今回、20代~50代の女性を対象に不妊治療に関する実態調査を行いました。

調査の結果、不妊治療未経験者は、不妊治療で妊娠できる確率は平均47.3%程度と考えていることがわかりました(図1参照)。つまり、「不妊治療をしても妊娠できない」と思っている人のほうが多いことを指しています。しかし実際には、不妊治療経験者のうち、妊娠に繋がった方は全体の67.2%いました。3人中2人は妊娠できたことになります。これは不妊治療未経験者におけるイメージを上回っています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/16037/6/resize/d16037-6-949241-0.jpg ]

また、不妊治療経験者のうち、妊娠した人の40%は20歳代から不妊治療を始めていましたが、妊娠しなかった人のうちで20歳代から始めた人は30%弱にとどまりました(図2参照)。治療開始年齢の平均をみても、妊娠した方は30.5歳であり、妊娠しなかった方(同32.8歳)と比べて2.3歳低いことがわかりました。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月31日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。