IPLawTest(正式名称:知的財産法学試験)を創設

本テストは、知的財産法全般の知識レベルを問う「総合テスト」と、特許法・実用新案法、意匠法、商標法、条約、著作権法、不正競争防止法の各法領域の知識レベルを問う「法領域別テスト」を実施します。
また、本テストの設問は、弁理士短答式筆記試験の問題を最大限活用します。これは、弁理士試験の問題は知的財産法分野における専門家が作成に携わっている非常に質の高いものであり、受験者の知的財産に関する法律知識を問う試験の実施に適しているためです。
結果については、合否式ではなく、知識レベルをスコアと5段階のランク(S、A、B、C、D)で評価するとともに、ランクアップを目標にしながら、学習意欲を維持できるようにします。

■「IPLawTest」の生み出す価値
本テストの生み出す価値としては、以下を想定しています。
●知的財産法知識の「知識レベル」を客観的に確認することができる
・本テストは合否ではなくスコアを示す手法を採用するため、自身の知識レベルを定量的に確認できる。法領域ごとに選択して受験することができる。
・弁理士試験の受験の足掛かり、合格へのマイルストーンにもなる。
●特許事務所・法律事務所、企業等における人材登用の有効指標になりうる
・幅広い知的財産法知識の確認のみならず、各法分野における知識レベルを数値として判断できるため、採用したい業務内容と人材の整合性を確認しやすくなる。

■受験対象者
本テストの受験対象者は、知的財産法学習者及び特に知的財産法の知識が必要とされる業務に携わる方及びそれらを志す方を想定しています。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2017年4月17日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。