今の職場、不妊治療と仕事の両立はできますか?

今の職場、不妊治療と仕事の両立はできますか?
拡大する(全1枚)
不妊治療netでは、20代~50代の不妊治療経験(※)がある女性を対象に、「不妊治療と仕事」に関する実態調査を行いました。調査の結果、妊娠した方は妊娠しなかった方に比べ、不妊治療中に休職していた方が多いことがわかりました。また、妊娠した方の89%が不妊治療と仕事の両立に対してハードルを感じていたことがわかりました。妊娠した方は、このストレスをなくすために休職した方が多いのかもしれません。

近年、不妊治療と仕事の両立は社会的な課題となっていて、芸能人でも不妊治療を理由に休業するケースが多く見受けられます。そこで不妊治療netでは今回、20代~50代の不妊治療経験がある女性を対象に「不妊治療と仕事」に関する実態調査を行いました。

不妊治療中の働き方に対して取り組んだことを調査したところ、妊娠した方の52%が不妊治療に際して退職、転職、休職など、働き方を変えていたことがわかりました。一方、妊娠しなかった方のうちで働き方を変えていたのは32%です。なお、その差の大部分を占めているのは「休職」でした。休職したのは妊娠した方の28%、妊娠しなかった方の4%です。不妊治療が終わったあとも戻れるように在籍はするものの、不妊治療中は業務には取り組みにくいということかもしれません。妊娠した方は、休職して不妊治療に集中した方が多いことを示唆しています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/16037/7/resize/d16037-7-619951-0.jpg

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月25日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。