大規模開発プロジェクト「(仮称)神田錦町二丁目計画」着工について

大規模開発プロジェクト「(仮称)神田錦町二丁目計画」着工について
~街づくりを通じた地域の活性化への貢献~

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 CEO:中村邦晴、以下「住友商事」)は、2017年5月1日より、東京都千代田区神田錦町二丁目において、「(仮称)神田錦町二丁目計画」(以下「本計画」)の新築工事に着手します。総事業費は1,000億円超、住友商事単独の不動産事業としては、過去最大規模となります。本計画は、神田エリア(※1)の核となる大規模開発であり、2020年3月末の竣工を予定しています。

本計画は、東京電機大学神田キャンパスおよび神田警察署の跡地であり、神田警察通りのほぼ中央に位置する約1ヘクタールの敷地に、地上21階・地下1階建のオフィスビルを開発するものです。2013年3月に千代田区が策定した「神田警察通り沿道賑わいガイドライン」において、“神田警察通りのヘソとして人を惹きつける文化・交流拠点の形成”が本計画に求められています。これに応えるべく、施設の低層部には飲食店舗を中心とした商業施設に加え、ライブやコンサートが可能な多目的ホールを設けます。また、屋外イベントに利用できる合計3,600平方メートルを超えるオープンスペースを設けており、地域のお祭りなどにも場所を提供することで、地域の賑わいを創出します。

本計画は、住友商事と東京電力グループの共同検討に基づく、日本初の試みであるプレミアムグリッドサービス(※2)を導入しています。東京電力グループの系統ネットワークを活用することにより、災害停電時に、本計画の非常用発電機から、住友商事が運営する複数の周辺ビルへ電力を供給・融通します。また、本計画は、大規模災害時に建物の一部を地域に開放し、周辺の帰宅困難者最大850人を受け入れることとしており、周辺地域の防災機能の強化にも貢献します。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月27日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。