THE BEATNIKSが「バカ田大学祭ライブ」で新曲披露。さらに矢野顕子が初の共演で「あの」曲を演奏!!

THE BEATNIKSが「バカ田大学祭ライブ」で新曲披露。さらに矢野顕子が初の共演で「あの」曲を演奏!!
2017年のゴールデンウィーク、5月5日は「おとなの日」。赤塚不二夫生誕80年を記念し、5月3日(水祝)~5月5日(金祝)、恵比寿ザ・ガーデンホールにて「バカ田大学音楽祭ライブ」が開催されている。初日となる3日は、矢野顕子、THE BEATNIKSが出演。満員の客席が固唾を呑んで見守る中登場した矢野顕子は、「天才バカボン」にちなんで、1曲目「Bakabon」を熱唱。期待に胸膨らませる客席を沸かせた。「SUPER FOLK SONG」に続いてのTALKでは、「昔、学園祭には絶対出ないと、山下達郎と約束したことがあったんだけど」とエピソードを披露し会場を沸かせた。「昨日は忌野清志郎の命日だったんだけど」というTALKから忌野清志郎作詞・作曲の「雑踏」を熱唱。続いて大瀧詠一作詞・作曲の「Welcome to Jupiter」、そして「これは宮沢和史さんの曲だからと言い聞かせないと自分の曲だと思ってしまう」と会場を笑わせ「中央線」、さらに最後に「高橋幸宏が曲が出来たときに涙目で、すごいいい曲」と褒めてくれたという名曲「ひとつだけ」を熱唱。会場は熱い熱気に包まれた。

そして、いよいよ、真打ち登場。THE BEATNIKSが登場すると会場は割れんばかりの拍手に包まれた。オープニング映像が流れ、高橋幸宏と鈴木慶一がフロントに立つと会場の興奮はマックスに達した。今回は、メンバーに砂原良徳、ゴンドウトモヒコを迎えてのステージ。この会場で初めて披露される久しぶりの新曲「鼻もちならないブルーのスカーフ、グレーの腕章」の冒頭を歌ったところで高橋幸宏はドラムセットに移動。スクリーンには今回のイベントを意識したように漫画のコマ割りの中に、昨今緊張を極める世界情勢に対してのメッセージともとれる歌詞が表示されたり、鈴木慶一のボコーダーによる「反対なのだ」というつぶやきが印象的だった。今回のライブのためにタイトルを変更した「7,000,000,000の天国」では、高橋幸宏が再びフロントに戻り歌われた「暗闇が降りてくる 天国から・・・」という歌詞も何らかのメッセージを込めたものであった。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月4日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。