THE BEATNIKSが「バカ田大学祭ライブ」で新曲披露。さらに矢野顕子が初の共演で「あの」曲を演奏!!

「本当は、バカトニックスで、ここからはバカになって来ますが」、と言いつつ、1stアルバム「EXITENTIALISM-~出口主義」より、新たなアレンジの「Now And Then」に客席はステージに吸い込まれるように聴き入った。「ちょっとツラインダ」では一転、優しい曲調に心が躍る。「次も、明るい、我々はこれが明るいと思っているんだな(笑)」との鈴木慶一のトークから、「No Way Out」を披露。「Ark Diamant」からは再び高橋幸宏がドラムセットに。緊張感あふれる曲調と、激しいドラミングに心拍数が上がる。続いて、こちらも新たな、幻想的なアレンジによる「Dohro Niwa」を、「天才バカボン」のキャラクターをデフォルメした映像をバックに映し出しながら演奏。最後に、「この日のために作った曲を」ということで、ステージには再び矢野顕子が登場。何度も同じステージに立っているもののTHE BEATNIKSと矢野顕子の共演は史上初。そしてこの新曲のタイトルは、なんと、「シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya」。こちらも、新たに制作された赤塚不二夫のキャラクターのイラストを映し出しながら、いきなりのステージと客席のコール&レスポンスで大盛り上がりに。「だから、今こそ歌おう、シェー、とDAと、Yeah」との歌詞で会場を赤塚イズム一色に染め上げた。豪華な両アーティストと赤塚不二夫のコラボが実現した。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月4日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。