【日本陸上競技連盟】山縣亮太選手ら日本のトップアスリートが小学生を指導「セイコーゴールデングランプリ陸上2017川崎」プレイベント開催

]


第2部は「スペシャル陸上教室」で、小学4~6年生が参加。北京五輪銅メダリスト(男子4×100mリレー)の塚原直貴さん(富士通)、リオパラリンピック代表(走幅跳)の高桑早生選手(エイベックスG.H)、テヘランアジア室内陸上金メダリスト(走幅跳)の猿山力也選手が講師を努めました。


[画像4: https://prtimes.jp/i/25141/9/resize/d25141-9-976784-10.jpg ]


子どもたちは少しでも速く走れるよう、少しでも遠くに跳べるよう、アスリートのアドバイスに耳を傾けていました。


◆鈴木雄介選手(富士通)
「競歩に興味を持ってくれたお子さんが多かったので、こういう活動を増やして競歩に興味を持ってもらって楽しく見てもらえる競技にしていきたいと思います。今日は楽しくやらせてもらえたので、すごくいい貴重ないい経験をさせてもらえたなと思います」
[画像5: https://prtimes.jp/i/25141/9/resize/d25141-9-498894-1.jpg ]


◆山縣亮太選手(セイコー)
「最近ケガなどで気持ちが少し沈んでいたのですが、たくさんの小学生に見に来てもらって、子供たちに会えて、また頑張ろうと元気になりました。陸上教室ということで、僕がアドバイスする感じでしたが、子供たちに逆に元気をもらって、また僕も頑張れそうです。セイコーゴールデングランプリでは、去年はスタートでちょっと遅れてしまったのですけれど、今年は自分の持ち味のスタートをしっかり生かして、ガトリン選手に先行できるようなレースをしたいと思っています。(9秒台は)今は強い練習をしていないのでわかりませんが、ベストを尽くして1号になれるようにがんばります」

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月4日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。