-日本初!オーベルジュ型アンテナショップ- 徳島県の魅力を発信する施設「TurnTable(ターンテーブル)」を裏渋谷に開設

今回、この新しい文化が生まれる渋谷において、徳島県の真の魅力を首都圏で全国と世界に発信していくという目的と、DIY工務店の「徳島の食」を中心に通常のアンテナショップではない、高感度の人々が集う場をつくるという企画を推進するのに最もふさわしい場所として、渋谷区神泉の「裏渋谷」の地での施設の開設が決定しました。施設は、2017年度中の開業を目指します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/25849/1/resize/d25849-1-131345-0.jpg ]


【施設詳細情報】

徳島は「関西の台所」と呼ばれることも多く、食材は存在感を示しています。徳島は国内最大級の水量を誇る吉野川を代表とする川の多い県であり、土質も様々な野菜や果物を生育するのに適しています。この水と風土に囲まれた環境で育成する鶏、豚、牛肉も高度な畜産技術とあいまり高い品質と評価されています。豊富な森林と、そこからの栄養を運ぶ川により、わかめ、ハモ、アワビをはじめ多くの海産物も豊かです。ただ、この事実は個々の生産者の規模や物流などの課題などにより、関東では徳島の食材の評価は浸透していません。

TurnTableでは、これら食材を素晴らしい料理にして提供するレストランを中心に、人が集い交流するラウンジ兼マルシェコーナーを有する宿泊施設として運営されます。

食材の発掘、メニューの開発、厨房の運営は、徳島在住の「食による場のデザイン」に長けた河田真知子氏と、渋谷区神山の人気店「Pignon」を経営する吉川倫平氏が担います。これまで徳島、東京で徳島の食をテーマにしたポップアップレストランを数回に渡り実施し人気を博しています。河田氏は、TurnTableのメニュー開発やスタッフの教育を行う目的も持つレストラン「Deili」を徳島市内で運営しています。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。