120種類以上の利き酒探検、日本酒テーマパーク「名酒センター」御茶ノ水店オープン!

プロジェクト期間→2017年5月18日18:00~2017年7月28日

[画像2: https://prtimes.jp/i/25917/2/resize/d25917-2-498781-6.jpg ]


御茶ノ水新店舗オープンに向けて
この度、御茶ノ水店チーフを担当します武舍と申します。私は、両親ともに日本酒業界に携わる家庭に生まれました。生まれた時から私の日常には、いつも一升瓶がそばにありました。大人が日本酒を飲むことは、ご飯を食べることと同じぐらいに、当たり前のことだと思っていました。しかし、そうではありませんでした。
「ふるくさい」「のんべえが酔っぱらうために飲む酒」「一升瓶てなに?」「日本酒飲むんだ。すごいね!」
大人になるとそんな言葉が、聞こえてきました。私が当たり前と思っていた環境は、特別な環境だったようです。
日本酒は、世界に誇れる国酒です。造りにかける手間と時間と人の叡知といった総合的な観点からとらえると、日本酒は他の酒類を圧倒しています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/25917/2/resize/d25917-2-369596-11.jpg ]


また日本酒は世界中のどんな料理にも、包み込むようにしっとりと寄り添う、懐の深い味わいも持ち合わせています。夕飯に寄り添う美味しい一杯、お祝い事で乾杯して飲む嬉しい一杯、故人を偲んで飲むありがとうの一杯。日本酒は、何百年も前から、日本人の食文化に寄り添い、人生の様々なシーンに寄り添ってきました。そんな日本酒を、どうして日本人はもっと誇りとしないのでしょう。日本酒がもっとあたりまえに日常にあって欲しい。それを伝える環境に生まれたことは、大げさですが、自分の使命なのかもしれないと思うようになり、先代が掲げた使命を継承していく覚悟を決めました。今、浜松町店は兄が運営し、日本の方のみならず、世界各国の方々が訪れるようになりました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2017年5月18日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。