不妊治療、ゴールが見えないことが一番の不安?
拡大する(全1枚)
不妊治療netでは、20代~50代の女性を対象に、「不妊治療に対するハードル(不満、不安など)」に関する意識調査を行いました。調査の結果、不妊治療患者・経験者・未経験者(※)の93%がハードルを感じていることが分かりました。その原因は、不妊治療の負担そのものよりも、負担がどの程度か分からないことの方が大きいという傾向がありました。さらに、不妊治療に関する情報は、人に聞くよりもウェブサイトで調べている人が多いという結果も得られました。

今回、不妊治療netは、不妊治療に関心がある20代~50代の女性(不妊治療患者・経験者・未経験者)を対象に意識調査を行いました。

その結果、49%の方が不妊治療に対してハードルを「とても感じている」、44%の方が「やや感じている」となり、ハードルを感じているのは9割にものぼることが分かりました(図1)。
[画像1: https://prtimes.jp/i/16037/9/resize/d16037-9-204524-0.jpg ]

また、ハードルを感じている人に対し、どう感じているのかを調査したところ、「費用や時間がかかるとわかっている」上でハードルを感じている人が90%以上いました(図2)。
一方で「治療がどの程度辛いか分からない」ことが「治療が辛い」ことよりもハードルを感じている人が多く、83%いることもわかりました。
時間に関しても同様の傾向があり、「不妊治療に多くの時間がかかる」ことよりも「妊娠するまでどれぐらいの期間がかかるか分からない」ことのほうが高い割合になりました。