効率化できていない家事No.1は アイロンがけ!!  忙しさの中、家事のクオリティーと省力化の間で悩む主婦が多数 「洗濯・アイロンがけ」についての意識・実態調査

効率化できていない家事No.1は アイロンがけ!!  忙しさの中、家事のクオリティーと省力化の間で悩む主婦が多数 「洗濯・アイロンがけ」についての意識・実態調査
       
~洗濯を減らしたい人が過半数、アイロンがけを減らしたい人が6割超~

リビング新聞グループのシンクタンクである株式会社リビングくらしHOW研究所(東京都千代田区)では、P&G(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社/兵庫県神戸市)とともに、主婦を対象に「洗濯・アイロンがけ」についての意識や実態を調査しました。

■調査期間:2017年8月2日~6日
■調査対象:同居する子どものいる、20代~50代の女性(全国)800人(平均年齢42.0歳)
      ※フルタイムワーク24.5% パート・アルバイト37.8% 専業主婦33.3% その他4.5%
■調査方法: Webアンケート


洗濯を減らしたい人は過半数、アイロンがけを減らしたい人は6割超と、効率化ニーズ強し!


 自分が忙しいと思うか聞いたところ、「とても忙しい」「まあ忙しい」という人が8割超。そんな主婦にとって家事の効率化は大きな課題。実際に、洗濯の頻度を減らしたいと思っている人は過半数〔グラフ1〕いますが、ここでネックの1つとなるのが“洗い上がりのクオリティー“。


[画像1: https://prtimes.jp/i/5157/211/resize/d5157-211-314698-7.jpg ]

 洗濯の回数を減らすことにより洗濯物を放置する時間が長くなると、汚れが落ちにくくなることを知っていると答えた人は8割超〔グラフ2〕。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年9月15日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。