埼工大、産学連携事業で創業100周年の(株)新吉のブランディングを強化

埼工大、産学連携事業で創業100周年の(株)新吉のブランディングを強化
地元愛を込めて学生がデザインした新ロゴが商品に

 埼玉工業大学(本部:埼玉県深谷市、学長:内山俊一、URL http://www.sit.ac.jp/ )は、地元・深谷市で創業100周年を迎える老舗の食品製造業の「株式会社 新吉」(本社:埼玉県深谷市、社長:小内睦夫、URL http://www.shinyoshi.co.jp/)のブランディング強化に向けた産学連携事業を実施しました。

 この産学連携事業では、埼工大の人間社会学部 情報社会学科 経営システム専攻の林信義教授と同学科メディア文化専攻の檀上誠准教授の指導の下、4名の学生が参加したプロジェクトチームにより共同研究が実施されました。その成果として、新ロゴのデザインを情報社会学科メディア文化専攻の4年生、田口恵美さんと栗原光さんが制作したロゴが採用されました。


[画像1: https://prtimes.jp/i/21794/5/resize/d21794-5-683218-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/21794/5/resize/d21794-5-186897-1.jpg ]


「株式会社 新吉」が9月8日に深谷市で開催した創業100周年感謝の会において、深谷市の小島市長をはじめ、埼玉県および首都圏の取引先、ならびに業界関係者が百名以上参加した記念式典の席上で、産学連携共同研究発表をおこない、新ロゴマークを制作した学生も登壇して発表しました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2017年9月19日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。