会員情報登録支援システムで特許を取得様々な身分証明書から安全かつ効率的に会員情報を登録

会員情報登録支援システムで特許を取得様々な身分証明書から安全かつ効率的に会員情報を登録
全国46都道府県にパチンコホールを展開する株式会社ダイナム(本社:東京都荒川区西日暮里 代表取締役:藤本 達司)は、この度、会員情報登録支援システムについて、特許を取得いたしました(第6190923号)。

会員情報登録支援システムは、パチンコホールなどの会員向けに開発されたアプリケーションです。タブレットのカメラ機能とOCR機能を活用して、運転免許証をはじめとする様々な身分証明書から読み取ったデータを安全かつ効率的に会員情報として登録します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/13913/88/resize/d13913-88-598785-0.jpg ]


お客様が提示する身分証明書の約8割が運転免許証ですが、会員情報登録支援システムでは保険証・パスポートといったあらゆる身分証明書からの読み取りを実現しております。お客様へのサービスを向上し個人情報を保護する上で、手書きを排除し完全データ化することが必要不可欠と考えたためです。
18歳未満の誤入会を完全防止するなど法令遵守にも資するこの仕組みは、業界の健全化に貢献するものとして、他ホール向けのサービス化が検討されております。

[※18歳未満のパチンコホールへの遊技目的での入店は、法令で禁止されています。]

株式会社ダイナム
パチンコを「誰もが気軽に楽しめる日常の娯楽」となるよう改革し、「街と生きるパチンコ。」を目指すべく、日本全国にチェーン型パチンコホールを展開しています。2017年8月現在、全国46都道府県に404店舗を展開し、1円パチンコなどの低貸玉営業を中心とした店舗展開を推進しています。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2017年9月20日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。