Tokyo Onigiri Laboがアグリホールディングスと業務提携。BENTO LABOプロジェクトに参画し、商品開発・情報発信を強化食品関連企業の海外進出、市場獲得をサポート
拡大する(全1枚)
 株式会社Tokyo Onigiri Labo(以下「Tokyo Onigiri Labo」)は、アグリホールディングス株式会社(以下「アグリホールディングス」)と業務提携を開始し、日本の食材・農産物・加工技術等の国内市場強化と海外市場獲得を進めていきます。本提携により、日本の食材・農産物・加工技術等に係る様々な分野で相互に協力し、協働した取組等を行い、日本の食材・農産物・加工技術等の価値向上に繋げてまいります。
 また、10月11日(水)~13(金)インテックス大阪で開催される日本食糧新聞社主催の「ファベックス関西」(小間番号2P-21)にて、共同ブース出展いたします。


■提携の背景
 Tokyo Onigiri Laboは、食の情報発信プロ集団としてこれまでの多方面の企業・団体等と連携し、商品開発部分から関わって食材の価値を上げ情報発信を行うなど、食材のプロデュース、プロモーション企画を得意としています。また、東京・原宿と秋葉原にておにぎり店舗運営を行ない、実店舗を活用したプロモーションを行なっています。 
 一方、アグリホールディングスは、海外の日本食市場の著しい成長を日本全国の地域に取込むべく、幅広く事業を展開。日本の「強み」を活かした農業がグローバルマーケットを獲得するため、マーケティング、現地での保管・配送、小売・飲食店リーチ等をワンストップで支援する「グローバル・バリューチェーン構築」を展開しております。