【Release】上位顧客の買い控え警報サービス 「ショッピング・アラート」(トリノリンクス)

【Release】上位顧客の買い控え警報サービス 「ショッピング・アラート」(トリノリンクス)
小売業のお客様が「商品やサービスを利用しなくなる兆候」を実績データから見つけ出して事業者に通知するサービス『ショッピング・アラート』を2017年10月23日より開始致します。

通販コンサルティングとデータ分析サービスを提供する株式会社トリノリンクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:三田栄一郎)は、小売業のお客様が「商品やサービスを利用しなくなる兆候」を実績データから見つけ出して事業者に通知するサービス『ショッピング・アラート』を2017年10月23日より開始致します。

[画像: https://prtimes.jp/i/24371/2/resize/d24371-2-988065-0.jpg ]

■ サービスの開始背景
 小売業や通販・ECでは、顧客の購買実績データを活用する動きは顕著ですが、「買い控えを未然に防ぐ」取り組みは進んでおらず「買わなくなった後の対策」に終始しているのが現状です。
 当社は、小売業・通販・EC企業をさまざまな側面から支援する過程で、データ活用の方向性を「休眠後の対処」から「休眠前の予防」へのシフトを提唱し、多くの企業でその有効性を確認していました。

■ サービスの内容
 本サービスは、購買実績データをお預かりして次の情報を提供するサービスです。

買わなくなる兆候が見られる上位顧客を特定し、その顧客番号を納品する。
買い続ける場合と買わなくなる場合との差異を分析し、予防効果の試算レポートを納品する。...続きを読む

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2017年10月20日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。