語学教育のアルク、英語学習に役立つAmazon Alexa スキルとして「キクタン」など計4タイトルを開発

語学教育のアルク、英語学習に役立つAmazon Alexa スキルとして「キクタン」など計4タイトルを開発
- ハンズフリーな音声操作で英語学習をより身近なものに -

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:安嶋 明、以下アルク)は、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応する機能の一つとして、「キクタン」やTOEIC(R)L&Rテスト形式のクイズなどの英語学習関連計4タイトルをAmazon Echoの出荷が開始次第提供開始します。

[画像: https://prtimes.jp/i/888/978/resize/d888-978-930661-0.jpg ]

2014年にアメリカで発売され大ヒットとなっている、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Alexa(アレクサ)」に対応するスマートスピーカー「Amazon Echo(アマゾン エコー)」。語学教育・学習支援の総合カンパニーである株式会社アルクは、Alexaの機能の一つとして、「キクタン」やTOEIC(R)L&R テスト形式のクイズなどの英語学習関連計4タイトルを開発、音声を活用した新しい学習スタイルを提案します。なお、本タイトルはAmazon Echoの出荷開始より順次、提供を開始します。

■英語学習に新「ボイス」時代が到来
「アレクサ、キクタン開いて」「アレクサ、アルクの英語クイズ開いて」など、Amazon Echo に“ただ話しかけるだけ”で英語学習ができます。テキストやアプリを開かず、イヤホンをつけなくても音声を聞いたり、簡単なクイズに答えたりできるなど、初心者でも英語学習が無理なく続けられます。...続きを読む

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2017年11月8日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。