米国ライフサイエンス企業BioRestorative社、肥満および代謝障害の治療に関連する幹細胞生成法について特許を取得

米国ライフサイエンス企業BioRestorative社、肥満および代謝障害の治療に関連する幹細胞生成法について特許を取得
日本の製薬およびバイオ産業との戦略的パートナーシップの可能性を開く

 幹細胞療法に重点をおく米国のライフサイエンス企業BioRestorative Therapies, Inc.(本社:米国ニューヨーク州、代表:Mark Weinreb(マーク・ワインレブ)、OTC:BRTX、以下「BioRestorative社」)は、10月17日、肥満および代謝障害を標的として当社が開発している細胞療法(ThermoStem(R))に関連する褐色脂肪幹細胞生成法について、日本における特許を取得したことをお知らせいたします。

 今回の特許取得により、非胚性ヒト褐色脂肪由来幹細胞を分離し、機能的なヒト褐色脂肪細胞に分化させる方法と、ヒト褐色脂肪細胞の代謝活性を変化させる化合物を特定する方法に対し、特許権が付与されました。この技術は、糖尿病、肥満、高血圧および心不全をはじめとする多様な変性疾患および代謝疾患の治療に応用できる可能性があると期待されています。

 当社の褐色脂肪代謝技術に対する特許の発行は、2015年11月の米国、2017年4月のオーストラリアに続いて今回が3カ国めとなります。

 BioRestorative社CEOの Mark Weinrebは、「この度当社の細胞療法について、日本において特許を取得できたことは当社にとって大きな節目となります。今回の特許取得によって、当社の褐色脂肪技術に関わる知的財産保護が世界的に強化されます。また今後、当社の技術を臨床試験や代謝関連化合物の特定に向けて前進させるべく、日本の製薬産業やバイオ産業との戦略的パートナーシップの可能性を探ることも可能となります。当社の有する幹細胞技術が、糖尿病や高血圧などの代謝性疾患の治療に変革をもたらすことを確信しています。」とコメントしています。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。