【他業種での海外展開】物流会社がベトナム初のプレスリリース配信サービス会社設立に投資

【他業種での海外展開】物流会社がベトナム初のプレスリリース配信サービス会社設立に投資
年々規模を拡大させていくアジア市場。多くの日系企業が自社事業で市場参入する中、チルド物流を行うダイセーエブリー二十四株式会社はプレスリリース配信サービスを主な事業とする会社を共同出資で設立しました。

全国に約40の拠点を持つチルド食品の物流サービス、ダイセーエブリー二十四株式会社(本社:愛知県一宮市、代表取締役社長:田中孝昌、以下エブリー)が2017年5月、ベトナムにプレスリリース配信サービス"Vietnam Press"を運営する現地法人、Daisei VEHO Works Co,.Ltd(所在地:ベトナムハノイ、代表取締役社長:和島祐生)を代表和島との協同出資により設立しました。

[画像: https://prtimes.jp/i/27774/10/resize/d27774-10-577584-0.jpg ]


■背景
2000年に入り、日本国内産業の空洞化による物流業の縮小が続いています。今後もこの動きは変わらないと考えられ、特にBtoB企業は成長が頭打ちとなってしまっているのが現状です。そのために海外に市場を求め現地法人を設立する企業が増えていますが、物流会社が海外進出するためには規制の多さが課題となります。例えば外資に対する規制、兼業禁止に対する規制、またその国特有の規制や、関税、インフラの未整備等外部環境に様々な問題があります。それだけでなく、いわゆる”駐在員”にかかるコストや、そもそも海外でまったく一から事業を立ち上げるための人材を確保することも難しく、海外進出には内外に様々な問題がつきまといます。...続きを読む

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2017年11月22日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。