児童健全育成推進財団がナイキと新しい運動遊びプログラム “JUMP-JAM” をスタート

児童健全育成推進財団がナイキと新しい運動遊びプログラム “JUMP-JAM” をスタート
児童健全育成推進財団は、ナイキジャパングループ合同会社をパートナーに、東京都内の10ヶ所の児童館で“JUMP-JAM”という新しい運動遊びプログラムを導入すると発表した。この“JUMP-JAM”は、ゲームを通じてスポーツと自由な遊びを融合させた運動遊びで、子どもたちの身体的、運動能力、情緒的、社会的な成長のサポートを目標としている。

また12月13日の記者発表会・デモンストレーションでは、2011 FIFA ワールドカップ優勝チームのメンバー永里優季選手と2008年北京五輪の400mリレー 銅メダリストの高平慎士さんを特別ゲストにまねき、報道陣に子どもたちとプログラムをお披露目した。

児童健全育成推進財団の総務部部長の阿南健太郎は、今回のプログラムのナイキとのパートナーシップについて、「当財団とナイキには、運動遊びを通して子どもたちが運動や身体を動かすことの楽しさや効果を発見できるよう手助けをする、という共通の目標がありました。今回の“JUMP-JAM”は、運動の基礎的スキルと自由な遊びを独自に組み合わせることにより、全ての子どもたちが、その能力向上や成長する機会を提供していきます」と話している。

ナイキジャパングループ合同会社のバイス・プレジデント兼ジェネラル・マネージャーのクリストフ ・メルケルは、「子どもたちは、身体を動かすことが大好きであり、遊ぶために生まれてきた、といえます。今回、児童健全育成推進財団と組んで“JUMP-JAM”を東京でスタートさせ、運動遊びを通じて子どもたちが可能性を最大限に発揮できる機会を与えられることをとても誇りに思います。私たちの目標は、“JUMP-JAM”に参加する子どもたちにとって、ずっと思い出に残るような前向きな遊び体験を提供すること。そして、東京の子どもたちがより健やかに成長し、また東京の子どもたちにとって運動遊びがいかに重要なものであるかを感じてもらうことです」とコメントしている。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月14日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。