認定森林の支援拡大を目的としてトークンセール(ICO)の実施を検討

認定森林の支援拡大を目的としてトークンセール(ICO)の実施を検討
【CO2クレジットの発行・認証にブロックチェーンを活用】

2018年3月16日
報道関係各位
株式会社フォレストック

 株式会社フォレストック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原 賢一郎、以下フォレストック)は、平成22年より「フォレストック認定制度」の運営・管理業務、及びCO2クレジットの普及促進、流通売買を行ってきました。
 森林保全活動をサポートするフォレストック認定制度の更なる普及、拡大を目的として、今年度内を目途にトークンセール(ICO)※1の実施を検討しています。
 更に、これまでのCO2吸収量クレジット(以下CO2クレジット)の流通プロセスをブロックチェーン※2を活用して管理することにより、より高い信頼性の確立を図ります。これにより、国内認定森林の更なる支援拡大を目指します。
[画像: https://prtimes.jp/i/29462/2/resize/d29462-2-528071-0.jpg ]


【フォレストック認定制度について】
<森林吸収源をCO2クレジットとして認証・価値化する制度>
 日本国内森林(FSC/SGECの森林認証又は、森林経営計画認定森林)を対象とし、適切かつ持続的な森林管理に加え、生物多様性保全が図られている森林を認定し、森林から創出されたCO2吸収量を認証し、CO2クレジットの発行、売買流通、カーボンオフセット等への利用を認める制度です。
 クレジットの購入代金は認定森林へ渡り、植栽や間伐、林道の整備、林業機械の購入などに活用されます。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2018年3月16日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。