サステナブル社会の実現に向けて遊技台輸送のモーダルシフトによりCO2排出量を軽減

サステナブル社会の実現に向けて遊技台輸送のモーダルシフトによりCO2排出量を軽減
~将来的な遊技台流通の拡大を視野に~

 全国46都道府県にパチンコホールを展開する株式会社ダイナム(本社:東京都荒川区西日暮里 代表取締役:藤本 達司)は、2018年3月29日から4月6日にかけて、遊技台の鉄道コンテナ輸送を実施しました。

 当社は、全店舗で約18万台の遊技台を設置するとともに、物流センターにおいては約4万台の遊技台を社内中古台や外部への販売台として保管しております。物流センターは、新規出店の迅速化をはじめ、社内2次利用を積極的に活用した各店舗の遊技台の品ぞろえにおいて重要な役割を担っております。このたび、将来的な遊技台流通の拡大を視野に入れ、物流センター間の遊技台輸送をトラック輸送から鉄道コンテナ輸送へモーダルシフトを開始しました。鉄道コンテナ輸送は、正確で安定した輸送を実現できると共に、CO2排出量も軽減されるため、環境に配慮した輸送方法とも言えます。

■概要
○新店に設置する遊技台を物流センター間で鉄道輸送する
輸送内容:香川物流センターから山形物流センターへ遊技台136台を移動

■鉄道輸送イメージ
[画像1: https://prtimes.jp/i/13913/134/resize/d13913-134-764928-0.jpg ]

 国土交通省によると、1トンの貨物を1km輸送したときのCO2排出量は、トラック(205g-CO2/トンキロ)に対し、鉄道輸送(25g-CO2/トンキロ)は約8分の1とされています。今後、物流センター間の長距離大量輸送においては、積極的に鉄道輸送へのモーダルシフトを行い、サステナブル社会の実現に向けて環境負荷の低減をめざしていきます。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月9日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。