チカク、野村ホールディングス株式会社のCVCファンドなどを引受先とし、新たに1.2億円の第三者割当増資を実施

チカク、野村ホールディングス株式会社のCVCファンドなどを引受先とし、新たに1.2億円の第三者割当増資を実施
拡大する(全1枚)
野村アクセラレータープログラム「VOYAGER」第一期採択からの事業化に高評価

株式会社チカク(東京都渋谷区、代表取締役兼共同創業者 梶原健司、以下チカク)は、野村ホールディングス株式会社のコーポレート・ベンチャーキャピタルファンド(名称:野村インキュベーション投資事業有限責任組合)や既存株主であるインキュベイトファンドを引受先とした第三者割当増資を行い、新たに1.2億円を調達したことをお知らせいたします。これにより、累計の調達総額は4.1億円となりました。

チカクは、野村ホールディングス株式会社(代表執行役社長 グループCEO 永井浩二)が主催する、スタートアップと連携して社会課題の解決をはかるアクセラレータープログラム「VOYAGER」の第一期において、野村證券株式会社(東京都千代田区、代表執行役社長 森田敏夫、以下野村證券)のシニア顧客向けのサービスとして採択されました。これは「シニア・ファースト」をミッションとするチカクのプロダクトづくりと、顧客の生涯に寄り添うことを目指し、顧客のステージに合わせて様々なサービスを提供したいという野村證券の目指す世界観が合致したことによるものです。

「VOYAGER」採択以降、チカクは野村證券の支店も巻き込んで、野村證券のシニア顧客を対象としたテストマーケティングを行ってきました。野村證券にとっては金融商品のみを接点とした顧客とのつながりに加えて、家族とのコミュニケーションという新しい価値を顧客に提案することが可能となりました。またチカクにとっては、野村證券の支店およびその顧客と共に、実地でのリサーチやテストマーケティングを行うことができたほか、大企業とスタートアップがイノベーションに取り組み、成果をあげるための知見を習得することができました。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月13日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。