喘息症状管理アプリ「ゼンカル」の開発スタート

喘息症状管理アプリ「ゼンカル」の開発スタート
~日本大学医学部との連携により患者自身の継続的な症状管理をアプリ上で実現。ITのチカラで喘息発作に悩む人をゼロに~

株式会社ヴィセントは日本大学医学部と連携し、今後、AI化を視野に入れた喘息患者の未来に役立つ一歩となる、スマートフォン向け喘息症状管理アプリ「ゼンカル」の開発を開始いたしました。

【株式会社ヴィセント】 ITのチカラで喘息発作に悩む人をゼロに――。
スマートフォン向け喘息症状管理アプリ「ゼンカル」の開発をスタート。
[画像1: https://prtimes.jp/i/31886/2/resize/d31886-2-376056-1.jpg ]


~患者自身の継続的な症状管理とそれに対する適切なアドバイスをアプリ上で実現~
システムインテグレーション事業、オープンソースソフトウェア事業、インターネット総合メディア事業を手掛ける株式会社ヴィセント(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:高橋 誠(「高」は、はしご高))は、喘息患者向けの喘息症状管理アプリ「ゼンカル」の開発をスタートしました。開発には日本大学医学部呼吸器内科が協力。喘息に悩む患者と、その悩みに最前線で向き合ってきた医師の声を最大限に取り入れ、重度な発作を防ぐ適切なアドバイスをアプリ上で実現することを目標としています。


[画像2: https://prtimes.jp/i/31886/2/resize/d31886-2-104173-2.jpg...続きを読む

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2018年5月11日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。