DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用!岩手県内市町村初の災害防災協定締結。

DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用!岩手県内市町村初の災害防災協定締結。
岩手県ドローン協会が所有する県内唯一の大型産業用ドローン「QS8」。災害時におけるその運用法とは。

2018年5月23日、岩手県ドローン協会(佐藤亮厚代表理事、会員13社)は岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を締結。同協会が県内の市町村と災害協定を結ぶのは今回が初であり、今後は町が協会に年間委託料を支払い、大雨災害などの大規模災害や山岳遭難事故発生時に出動を要請する。

[画像1: https://prtimes.jp/i/25357/12/resize/d25357-12-244390-5.jpg ]


岩手県雫石町では2013年8月の県央部豪雨で、道路が寸断され、孤立した地域が発生。
さらに近隣地域には岩手山と秋田駒ケ岳という活火山も抱えており、災害がいつ起こってもおかしくはない状況に機敏に対応する必要があった。そこで災害時にドローンを活用しようと岩手県ドローン協会に協力を働きかけた。


岩手県ドローン協会とは

平成28年4月にドローンの普及及び有効活用、関連産業の振興について関係機関、団体、企業様と取り組みを図ることを目的に設立した一般社団法人です。
現在、県内外の企業13社が会員となっており、協会全体で大小15基のドローンを所持しており、会員がオペレータ(操縦)を務めることで、面積の広い雫石町の複数の場所で運用が可能です。
また、県内で唯一の大型産業用ドローンを所有する団体でもあります。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2018年5月30日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。