小中学生向け動画教育サービス「スクールTV」、中学生を対象とした“国語”の無料動画の配信を開始

小中学生向け動画教育サービス「スクールTV」、中学生を対象とした“国語”の無料動画の配信を開始
~2018年6月上旬より。オリジナルコンテンツを採用~

 e-ラーニングに関するサービスの様々なコンテンツを提供する株式会社イー・ラーニング研究所(代表取締役:吉田智雄、本社:大阪府吹田市 以下、イー・ラーニング研究所)は、小中学生向け動画教育サービス「スクールTV」で、中学生を対象とした“国語”の無料動画の配信を、2018年6月上旬より開始いたします。

 2020年、日本の教育業界では、これからの社会で必要な21世紀型の学力を身に付けさせるべく、大学入試を筆頭に大学や高校の教育が改革されます。現在の大学入試センター試験は廃止され、新しいテストとなる大学入学希望者学力評価テスト(仮称)では、国語と数学を対象に記述問題の導入が予定されています。今後、グローバル化の進展など社会の変化が加速度を増し将来の予測が難しい中において、自ら主体的に課題に取り組み、自分の頭で考え、文章やプレゼンテーションで表現していく能力が求められています。また、文部科学省が発表した次期学習指導要領でも、語彙の確実な習得など、情報を正確に理解し適切に表現する力の育成を目指しています。さらに、古典に対する学習意欲の低さが課題として挙げられており、伝統的な言語文化に関する指導については古典に親しめるよう配慮することが求められています。

 「スクールTV」は「学習習慣の定着」を目的とした小中学生向けの動画教育サービスです。全国の主要科目の教科書内容を網羅し、各地域の教科書の内容に沿って学習ができる他、自ら考える力を養う「アクティブ・ラーニング」を日本で初めて動画内に導入しています。これまで、小学校1年生~6年生までの算数、社会、理科と、中学校1年生~3年生の数学、社会、理科、英語のコンテンツを提供してきました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2018年6月6日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。