『進研ゼミ 高1講座』が7月からスピーキングアプリを提供 1回1分のレッスンで毎日楽しく「発話」トレーニング

『進研ゼミ 高1講座』が7月からスピーキングアプリを提供 1回1分のレッスンで毎日楽しく「発話」トレーニング
2020年度大学入試改革に向けて、英語スピーキング対策を強化

 株式会社ベネッセホールディングスの子会社である株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市)が展開する『進研ゼミ 高1講座』は2018年7月より、会員向けに英語スピーキングの自主トレーニングアプリ「1分スピーキング」の提供を開始します。

  2020年度の大学入試より、英語は現在の「聞く」「読む」の2技能中心の評価から、「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能評価に変わります。この大きな変化に備えて、『進研ゼミ 高1講座』では今年4月から外国人講師による個別指導「Online Speaking(以後「OS」)」を導入したところ、受講者のレッスン満足度95%※と高い評価を得ました。一方で受講者からは「発音に自信がなく、外国人講師とのレッスンにまだ踏みだせない」という声も聞かれました。そこで、『進研ゼミ 高1講座』は英語の発話への抵抗感を減らすことがスピーキング力を伸ばすための第1歩と考え、提供中のOSでの実践会話レッスンに加え、スピーキングアプリ 「1分スピーキング」を組み合わせた新しい学習法を提案、7月より受講費内で開始します。
 「1分スピーキング」はスマートフォンを用いて、1人で発話トレーニングができるアプリです。発話の相手はアプリ画面上のキャラクターで、1レッスン1分という取り組みやすさも特徴です。利用者は最初に自分の好きなキャラクター、会話シーン(テーマ)を選びます。レッスン内容は、高校生に身近な日常会話を通じて、検定試験にも役立つ応答・説明・意見等の表現力が身につくよう設計されており、1,500フレーズ以上の発話トレーニングができます。レッスン中の自分の発話は発音判定システムが自動判定し改善点を示すので、効果的に発音を改善することができます。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。