万平ホテル「アルプス館」国の登録有形文化財に登録へ

万平ホテル「アルプス館」国の登録有形文化財に登録へ
森トラスト株式会社(本社:東京都港区 社長:伊達 美和子)および、子会社である株式会社万平ホテル(本社:東京都港区 社長:酒井 茂)は、万平ホテル「アルプス館」が、2018年7月20日に開催された文部科学省文化審議会の答申を受け、今後行われる官報告示を経て、登録有形文化財への登録が正式決定される見込みとなりましたのでお知らせいたします。

和洋の意匠性と近代設計を融合した「アルプス館」
 1894年に創業した万平ホテルは、軽井沢の地で国内外の賓客を迎え続ける、日本の西洋式ホテルの草分けの一つともいわれるクラシックホテルで、来年で125周年を迎えます。
 今回、登録有形文化財へ登録される見込みとなった「アルプス館」は、1936年に竣工した、客室、メインダイニングルーム、サロン、バーなどからなる木造3階建ての建造物です。軽井沢の景観に調和したハーフ・チンバー風の外観意匠や、和洋折衷の室内意匠などから、戦前・戦後を通じ、現在に至るまで数多くの著名人や政界人等に愛されてきました。
 また、意匠面のみならず、近代的な構造・材料を積極的に使用した独自の設計により、日本の木造建築の近代化を試みた建造物として高い評価をいただいています。

森トラストグループの事業理念 ~歴史・文化を継承し地域の新たな魅力を創出~
 森トラストグループは、ホテル&リゾート事業において、歴史的資源や文化財等の保存・活用を通じた、日本の伝統や文化の再発見と地域の新たな魅力の創出をコンセプトの一つとして、世界に誇れる日本の新たなディスティネーションの創造を目指しています。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年7月23日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。