(株)ビーライズ ハウステンボス(長崎県佐世保市)にて最先端の体感型VRコンテンツを一般展示

(株)ビーライズ ハウステンボス(長崎県佐世保市)にて最先端の体感型VRコンテンツを一般展示
2018年8月29日(水)・30日(木) ハウステンボス(長崎県佐世保市)内 ハーバータウン ゲームミュージアム2F

株式会社ビーライズ(本社:広島市中区 代表取締役:波多間俊之)と電気学会C部門知覚情報技術委員会「知・技の伝承と複合現実型実応用共同研究委員会」(委員長:脇田航)は2018年8月29日(水)から8月30日(木)の2日間、日本一のVRテーマパークであるハウステンボス(長崎県佐世保市)ハーバータウン ゲームミュージアム2F(※ゲームミュージアムの入館にはパスポート対象チケットの呈示もしくは入館料500円がかかります)にて「VRライドマシン」「VR歩行装置」等、VR業界初・最先端のVR製品・VRコンテンツを一般展示致します。技術的な内容は27日(月)@タワーシティ会議室で講演します。VRライドマシンと歩行装置は「StarVR One」を使用予定です。

<展示内容>
■VRライドマシン + 高所コースター + StarVR One
広島市立大学発第1号ベンチャー企業「株式会社Lumbus(ランバス)」が製造・販売するVRライドマシン「Lumbus」は,従来の複雑な構造ではなくバランスボールと2本の軸を融合させた簡易構造で揺動角度20度を実現。VRに体感をプラスし、リアルでスリリングなVR体験が可能なモーションプラットフォームです。VRコンテンツは揺動角度20度を最大限体感できるVRライドマシン専用コンテンツ「高所コースター」をお楽しみ頂けます。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。