自然界にはない虹色のダイヤモンドの生成も夢ではない!? 新時代のダイヤモンド「ラボグロウンダイヤモンド」の流通を、今秋より開始

自然界にはない虹色のダイヤモンドの生成も夢ではない!? 新時代のダイヤモンド「ラボグロウンダイヤモンド」の流通を、今秋より開始
-ブロックチェーン技術で新たな宝石市場を創造 -

 ピュアダイヤモンドファームシンガポール(代表取締役 クリス・ヤン)は、化学的、物理的、光学的に天然のダイヤモンドと同一の物質の「ラボグロウンダイヤモンド」の流通を、今秋より開始することを発表いたします。

 
[画像1: https://prtimes.jp/i/36847/1/resize/d36847-1-815366-0.jpg ]


 東京に本拠を置き、研究などを行うピュアダイヤモンドラボでは、天然では2%しか存在しない不純物の含まれない希少・高価なダイヤと同じ、「養殖」ダイヤモンドを製造しています。
製造されるダイヤモンドは、「ラボグロウンダイヤモンド」と呼ばれ、ピュアダイヤモンドラボの研究所の管理された環境下で、純粋な炭素から作られています。ラボでは天然ダイヤモンドでは存在しない多様な色合いのダイヤモンドも製造可能であり、例えば非常に希少なレッドダイヤモンドやブルーダイヤモンドを製造しています。更には自然界にはない虹色のダイヤモンドの生成も夢ではありません。

 また「ラボグロウンダイヤモンド」は、天然のダイヤと同じように、国際的な鑑定機関のGIA(米国宝石学会)による鑑定書が与えられます。どこの研究所でいつ生まれたのかが分かるようになることで品質の高さはこれにより明らかになります。

 ピュアダイヤモンド最大の特徴は、この鑑定書に基づき、ダイヤモンド市場のためだけに作られた独自のブロックチェーン技術の開発にあります。「ラボグロウンダイヤモンド」の生成、研磨、鑑定に関する情報を収集し、デジタル化して個体情報を作成し、それを最終消費者に提供することにより、透明性を高めるトレーサビリティをより強化します。鑑定書すら偽造されている可能性がゼロではないこの世の中、海外でも流通されるこの「ラボグロウンダイヤモンド」がブロックチェーン技術で管理されていれば、購入いただく皆様にとって大きな安心材料となることを望んでいます。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。