石原詢子「30周年記念リサイタル~遥かな歌の道~」で詩吟披露!

石原詢子「30周年記念リサイタル~遥かな歌の道~」で詩吟披露!
拡大する(全1枚)
30年分の感謝の熱唱!石原詢子 30周年記念リサイタル~遥かな歌の道~開催 歌謡浪曲の師匠、二葉百合子も特別出演!

1988年10月21日、20歳の時に「ホレました」でデビューして、「みれん酒」や「ふたり傘」の大ヒットでNHK紅白歌合戦にも出場した美人演歌歌手、石原詢子がデビュー30周年を迎え、本日9月5日東京都中野サンプラザにて30周年記念リサイタル~遥かな道~を開催した。


デビューするも長い下積みを経て、デビュー7年目の1995年にヒットし、ターニング・ポイントとなった「夕霧海峡」と共に幕が上がり、鮮やかな朱色の桜柄の振袖姿で登場した。
そして、2000人の観客を前に「30周年を迎える事が出来たのは本当に皆さんのお陰です。感謝の気持ちを込めて、今日は精一杯歌います」と30周年を迎えた気持ちを語った。
[画像1: https://prtimes.jp/i/20808/170/resize/d20808-170-291815-3.jpg ]

続いてデビュー曲「ホレました」などデビュー後初期のオリジナル曲を3曲歌った後、詩吟の家元である父親に4歳から指導を受け、自身も師範代として教室を開いている石原の原点である、「詩吟コーナー」を力強く披露した。

黄色と黒の大きな洋花がデザインされた振袖に着替えて登場すると、本日発売の自身初となる詩吟を収録したアルバム『詢風~吟詠の世界』から「白虎隊」を始め、詩吟を加えて新たな曲に生まれ変わったヒット曲「淡墨桜」など3曲詩吟を披露した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク