タイ・バンコクで日系クリニックを展開するDYM、インフルエンザ予防接種について

タイ・バンコクで日系クリニックを展開するDYM、インフルエンザ予防接種について
風疹も首都圏で流行が拡大、年末に日本へ帰国する際の感染対策に

WEB事業や人材事業、海外医療事業等を行う株式会社DYM(読み:ディーワイエム、本社:東京都品川区、代表取締役社長:水谷佑毅)の関連会社であるDYM Medical Service Co.,Ltd.(読み:ディーワイエムメディカルサービス、本社:タイ、バンコク、代表取締役社長:水谷 佑毅)は、タイで展開する「DYMインターナショナルクリニック」「DYM Health Check Up Clinic」にて実施するインフルエンザや風疹の予防接種につき以下のようにご案内致します。


[画像1: https://prtimes.jp/i/27235/63/resize/d27235-63-483957-1.jpg ]


■キャンペーン概要
タイのインフルエンザのシーズンは雨季(6月~10月)と乾季(11月~2月)であり、日本と比べても流行期間が非常に長いことが特徴的です。インフルエンザの予防の基本は流行前に予防接種を受けることです。タイ在住の方や年末に日本へ帰国される方は、それぞれの国内で流行前に予防接種を受けることが感染対策になります。当院では、下記期間中にインフルエンザの予防接種を複数名同時にご予約いただいた場合には、予防接種の料金が下記の通りとなります。

期間     :2018年 10 月 10 日 ~ 12 月 31 日
料金     :3人以上の同時予約の場合950バーツ/人

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2018年10月11日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。