ドリームエリア、子どもの「ICT教育」に関するアンケート調査結果公開。57%の保護者が「子どもにプログラミング知識があると、将来所得が増えると思う」と回答

ドリームエリア、子どもの「ICT教育」に関するアンケート調査結果公開。57%の保護者が「子どもにプログラミング知識があると、将来所得が増えると思う」と回答
地域コミュニティーサービス「マチコミ」(http://mail.machicomi.jp/)及び、GPSなどの位置情報によって危険を未然に防ぐ児童見守りサービス「みもり」( http://mimori-ai.jp/ )を運営するドリームエリア株式会社(本社:東京都 渋谷区、代表取締役:寺下 武秀、以下 ドリームエリア)は、10月23日、子どもの「ICT教育」に関するアンケート調査結果を公開いたしました。

子どもの「ICT教育」に関するアンケート調査結果

今回、「マチコミ」ユーザーを対象に行ったアンケートでは、子どもの「ICT教育」に関して調査しました。その結果、44%の方が「小学校のプログラミング教育は必要」、57%の方が「子どもにプログラミング知識があることで、所得が増えると思う」と回答する結果となりました。また、約半数の方が「プログラミングの教室に通わせたい」と回答しているものの、そのうち約5割は「通わせたいがよくわからない」と思っていることもわかりました。


(調査概要)
[画像1: https://prtimes.jp/i/25607/8/resize/d25607-8-382293-0.png ]

調査対象期間:2018年10月18日~2018年10月23日
調査方法:インターネット調査
調査対象:「マチコミ」利用者 有効回答者数 15,740名
(お子様がいらっしゃる保護者)


■44%の方が、小学校のプログラミング教育は「必要」だと思っている

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2018年10月23日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。