アクロディアスポーツIoT第一弾『Technical Pitch』、総務省「異能(Inno)vation」プログラム「ジェネレーションアワード」部門にノミネート

アクロディアスポーツIoT第一弾『Technical Pitch』、総務省「異能(Inno)vation」プログラム「ジェネレーションアワード」部門にノミネート
       
株式会社アクロディア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 堤 純也、以下「当社」)は、当社のIoT野球ボール「Technical Pitch」が総務省主催の平成30年度「異能(Inno)vation」プログラム「ジェレネーションアワード」部門において、分野賞、企業特別賞にノミネートされましたので、お知らせいたします。

当社では今後、野球ボール以外の分野での主にスポーツジャンルでのIoT製品開発に力を入れてまいります。アクロディアスポーツIoTでは各スポーツのギアにセンサを組み込み、野球ボールの動作解析で実績を作りました当社のIoTモジュールを適用することで各種スポーツの動作解析を可能としてまいります。
野球ボールをはじめとして、当社のクラウドに貯まったビッグデータを用いることで統計的にコーチングを行うサービスを開始し、最終的にはAIを用いたAIコーチングを開始する予定です。

●「異能(Inno)vation」プログラムについて
「異能(Inno)vation」は、ICT分野において独創的な技術課題を発掘する取り組みとして総務省が平成26年度より推進しているプログラムです。その中でジェネレーションアワード部門は、ICT分野における“未来がより良くなるようなちょっとした独自のアイデア”や“こだわりの尖った技術やモノ”、“自らが発見した実現したい何か”に対して表彰を行う部門です。各分野から注目を集めている本プログラムですが、当社のIoT野球ボール「Technical Pitch」は、応募総数10,440件の中から最終候補の186社に選出されました。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月1日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。