マンダム、清涼成分によって生じる不快刺激に対する低減効果を臭気強度の低い成分「イソボルニルオキシエタノール」に発見

マンダム、清涼成分によって生じる不快刺激に対する低減効果を臭気強度の低い成分「イソボルニルオキシエタノール」に発見
~より快適な清涼感の実現に向け、TRPチャネル研究を応用~

株式会社マンダム(本社:大阪市、社長執行役員:西村元延 以下マンダム)は、化粧品(医薬部外品を含む)の機能や使用感の向上を目指し、皮膚における感覚刺激に着目した研究を行っています。この感覚刺激について、自然科学研究機構・生命創成探究センター 富永真琴教授と共同研究を行い、TRP(Transient Receptor Potential)チャネルを用いた評価方法の開発、及び製品への応用に取り組んでいます(※1)。今回、これまでに知られている不快刺激抑制成分と比較して臭気強度が顕著に低い「イソボルニルオキシエタノール(Isobornyloxyethanol)」も同様に、清涼成分により引き起こされる不快刺激を効果的に低減することを見出しました。

マンダムは、生活者がより快適に使用できる製品への応用を目指し、清涼感技術の更なる深化を図っていきます。
なお、この研究成果については、2018年9月18日~21日に開催された「第30回 国際化粧品技術者会(IFSCC Congress)」で発表を行いました。また、2019年3月28日~31日に開催される「第9回アジア・オセアニア生理学会連合大会&第96回日本生理学会合同大会」においても発表を予定しています。

1. 強い清涼感に伴う不快刺激の低減に向けた成分探索
近年の猛暑を快適に過ごす上で、手軽に爽快感や冷感を楽しめる清涼化粧品が人気となっています。このような化粧品には、強い清涼感を付与するために清涼成分リットル-メントールが汎用されています。しかし、このリットル-メントールは多量に配合すると使用時に灼熱感を引き起こし、不快刺激に繋がります。この灼熱感には、ワサビやカラシの辛み成分の受容体であるTRPA1が関与していることが報告されていたため、マンダムではこのTRPA1に着目し、TRPA1の活性を抑えることで不快刺激を低減させる成分の探索に取り組んできました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月20日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。