親の苦手意識が子どもの習い事のきっかけになる 子どもの英語習得に関する意識調査 -子育て世代、最新のトレンド-

親の苦手意識が子どもの習い事のきっかけになる 子どもの英語習得に関する意識調査 -子育て世代、最新のトレンド-
早ければ0歳から・月額2万円以上かける人も 

「家族の健康を支え笑顔をふやす」をミッションとし、妊娠、育児中のママ向けにツールアプリやメディアを展開する株式会社カラダノート(東京都港区/代表:佐藤竜也/以下当社)は、当社が運営するメディア『カラダノートママびより』(https://mamab.jp/)のユーザーを対象に、子どもの英語習得に関する意識調査(調査期間:2018年9月11日~2018年9月18日)を実施いたしました。(n=772)

[トピックス]
・英語を習い始めるきっかけは、自分の過去と子どもの未来をかけあわせて検討する傾向
・2人に1人が0歳から英語をはじめる
・英語にかける費用は月5000円未満が4割弱で最多。一方で月2万円以上かける人も9.4%
・学習スタイルは、3歳までは「通信教育・教材」、4歳からは「英会話教室」が主流

■習い事をはじめるきっかけは、自分の過去と子どもの未来
英語をはじめるきっかけとして一番多く挙げられた理由は「子どもが将来困らないように(61.4%)」。
次いで母親自身が「英語を話せない・苦手だから(40.4%)」「小学校で必修になったから(26.3%)」でした。
習い事をはじめるきっかけには、母親の過去の経験と子どもの将来を掛け合わせて検討する傾向がみられました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/31718/27/resize/d31718-27-552299-2.png

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2018年11月22日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。