トリュフといえば、もはやチョコレートという意味!?2人に1人がトリュフを食べたことがないと回答 ガスト/“世界三大珍味”トリュフレポート2018を発表

トリュフといえば、もはやチョコレートという意味!?2人に1人がトリュフを食べたことがないと回答 ガスト/“世界三大珍味”トリュフレポート2018を発表
~トリュフを身近に感じていただくためのフェアも開催~

 株式会社すかいらーくレストランツ(本社:東京都武蔵野市、代表取締役社長:崎田 晴義)が全都道府県に店舗を展開する、国内最大のファミリーレストラン「ガスト」は、全国の20~69歳の男女1,000人を対象に「トリュフに関するイメージ調査」を実施しました。調査では、回答者全体の2人に1人が「トリュフを食べたことがない」と回答し、20~30代の若い女性では“「トリュフ」といえば「トリュフチョコレート」というイメージが強い”と回答するなど、かつて「世界三大珍味」として人気を博したトリュフが縁遠い存在になりつつあることが明らかになりました。

【調査結果トピックスのサマリー】
■ 若者には馴染みなし?回答者全体の2人に1人が「トリュフを食べたことがない」と回答
■20~30代の若い女性の60%以上が「トリュフ」=「トリュフチョコレート」をイメージ
■ “珍しい食材”であるが故の敬遠・・・トリュフは“自分には縁のない食材”と考えられている傾向あり
■トリュフの味って・・? 食べたことがある人の中でも半数以上が味の説明に自信がない、説明できない


現代日本人の約半数が「トリュフを食べたことがない」。若者と高齢者はトリュフと疎遠に。
 「あなたはトリュフを食べたことがありますか」という質問に対し、回答者全体の49.3%が「食べたことがない」と回答しました。中でも、年代別にみると20代の約60%がトリュフを「食べたことがない」と回答。昨今では、様々な企業からトリュフを使った食品やお菓子の発売が目立つ中、若者と高齢者の間ではトリュフが馴染みのない食材であることがわかりました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月29日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。