マークシート方式は誤記入が頻発することが明らかに

マークシート方式は誤記入が頻発することが明らかに
手書き回答式のストレスチェックで効果的な実施を推奨

人事・労務サービスを提供する株式会社ドリームホップ(東京都新宿区、代表取締役 稲垣義文、以下 ドリームホップ)が、過去のストレスチェック受検者のデータを分析したところ、マークシートより手書きで回答した方が、未記入および誤記入が明らかに減少することが判明しました。手書きによる回答を採用することで、集団分析データの正確性が大幅に向上し、職場状況を正確に把握できるようになります。この結果、職場環境改善対策もより効果的に進めることが可能となります。

■データ分析
21万人超の受検者データを基に、マークシートに回答する方式と手書きで回答番号を記入する方式を比較しました。
マークシート方式は、7.8%の受検者で未記入回答や誤記入回答(主に二重回答)が発生していましたが、手書き方式では1.2%にとどまりました。なお、受検率に大きな差はありませんでした。
[画像: https://prtimes.jp/i/28628/7/resize/d28628-7-438706-0.png ]


この結果について弊社は、マークシート方式では視覚的に質問番号の読み違いが発生しやすくなることが原因であると分析しました。回答欄が小さいため、回答がしにくく、無意識に飛ばしたり、複数の回答項目を塗りつぶしたりする傾向があると判断しました。

一方、手書き方式は意識的に番号を記入する必要があるため、無意識に間違える受検者はほとんど発生しません。...続きを読む

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2018年12月18日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。