企業のBCP(事業継続計画)対策を支援 LanScope Cat × クラウドバックアップサービス「AOSBOX」が連携を開始

企業のBCP(事業継続計画)対策を支援 LanScope Cat × クラウドバックアップサービス「AOSBOX」が連携を開始
IT資産管理と情報漏えい対策ツールを展開するエムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:河之口達也、以下MOTEX)とデータバックアップ、データ復旧、データ移行、データ消去などデータ管理製品及びサービスを提供するAOSデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:春山洋、以下AOSデータ)は、本日より協業を開始いたします。統合型エンドポイントマネジメント「LanScope Cat」とクラウドバックアップサービス「AOSBOX」の連携により、企業のBCP(事業継続計画)対策を支援いたします。

標的型攻撃や内部不正により情報漏えい対策として、エンドポイント(注1)とよばれるパソコンなどの各種データ、また業務端末の操作ログ(履歴)をいかに安全且つ長期的にバックアップするかが、企業にとって重要な課題となっています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/40956/3/resize/d40956-3-501283-3.png ]

 MOTEXの統合型エンドポイントマネジメント「LanScope Cat」は、「誰が・いつ・どんな操作をしたのか」といったパソコンの操作ログ(履歴)を取得することで、現状把握・分析・問題発見までの運用が可能です。また、USBデバイスの利用制御やアプリの稼動管理、Webサイトの閲覧制限などの具体的な対策を行うことでセキュアな環境が実現でき、多くの企業の信頼を獲得しています。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年2月21日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。