KTNトークンの応用

2月20日に、KTNチームによると、KTNトークンはStarChainというパブリックチェーンに基づき発行されたもので、KTNトークンをKTNモバイル端末で使える。例えば、ニュースを読んだり、掲載されたイベント情報をシェアしたり、プロジェクトについての情報を読んだりしますことを通して、KTNトークンをもらえる。と同時に、KTNはcoinali取引所に上場しており、KTNの所有者が自由に取引や引き出しすることもできる。その他、ユーザーや投資者向けて、KTNトークンは取引以外に、以下の三つの方面で使える。


プロジェクトの格付け/高級ユーザー/応用のシナリオ


プロジェクトの上場は無料であり、ビッグデータによって、格付けシステムを構築して、すべての上場するプロジェクトを格付けして、格付けレポートを整理してあげる。これはKTNの高級ユーザーの特権で、高級ユーザーは無料で格付けのレポートを得られる一方、普通のユーザーまたは団体は、KTNで必要なプロジェクト情報レポートを購入するべきである。


イベントのリリース/ 応用のシナリオ


KTNは、ブロックチェーンに関連するイベントのリリースセクションを開発し、サミット/シリーズのイベント/サロンフォーラム/トレーニング/オンライン活動をリアルタイムで更新し、イベント情報をリリースする、すべての情報リリースは KTNトークンで決済される。


トッププロジェクトの取引所


KTNにはデジタル通貨取引所が入っているので、プロジェクトのデータを分析し、投票でグローバルの最高品質のプロジェクトを選出する。
1.上場するのはKTNトークンの消耗によって、投票できる;
2.保証金はKTNトークンである;
3.取引手数料はKTNトークンである。
KTNが所有するならば、リアルタイムでコイン時価の追跡通知サービスもある。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年2月26日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。