子どもの教育資金に関する調査 2019

子どもの教育資金に関する調査 2019
このたび、ソニー生命保険株式会社(代表取締役社長 萩本友男)は、2019 年1 月12 日~1 月16 日の5 日間、大学生までの子どもがいる20 歳以上の男女に対し、今年で6 回目(※)となる「子どもの教育資金に関する調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000 名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)
※2014 年~2016 年は「子どもの教育資金と学資保険に関する調査」として発表

【教育や教育資金に関する意識】

学力と教育費 親の6 割半が「子どもの学力や学歴は教育費次第」と感じる
親の7 割弱が「早期の知育や英才教育は子どもの将来のために重要だ」と考える
教育費が家計を圧迫 親の6 割半が「教育費の負担が重い」と感じる
「幼保無償化」今年10 月から始まる 未就学児の親の8 割半が「政府の掲げる教育無償化に賛成」
「夫婦間で教育方針が一致」既婚者の8 割強
「子どもの教育のことが原因で夫婦喧嘩をよくする」既婚者の2 割強
「子どもの学校生活に不安を感じる」未就学児の親の6 割半
「子どものネット・SNS 利用に不安を感じる」未就学児の親の7 割超
親の大半が子どもの進学や就活を不安視する傾向 「子どもの受験・進学に不安を感じる」母親の8 割
「子どもの教育資金に不安を感じる」親の7 割強
教育資金に不安を感じる三大理由 「必要額が不明」「収入の維持・増加に自信なし」「消費税増税」

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年3月1日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。