有機コーヒー豆のカフェインレスドリップコーヒー

コーヒー豆の仕入れから焙煎、ドリップバッグコーヒーの製造・販売を行う「TSUJIMOTO COFFEE」を運営する株式会社すてきなじかん(所在地:大阪府和泉市1156-1 辻本珈琲、代表取締役:辻本智久)は、新商品カフェインレスドリップコーヒー「雨あがりのじかん -春時雨-」を発売いたします。


[画像1: https://prtimes.jp/i/20927/14/resize/d20927-14-332055-0.jpg ]


1899年創業の日本緑茶店「辻本製茶」から2003年にドリップバッグコーヒー製造業として誕生しました「TSUJIMOTO COFFEE」。
南米や中米、アジア、アフリカといった遠くの生産地にて栽培、収穫、精製されたコーヒーの風味を大切に、その香り、味わいから新しい“何か”が始まる『コーヒー=すてきなじかん』をお届けしたいと努めています。


なぜ、雨あがりのじかん?


[画像2: https://prtimes.jp/i/20927/14/resize/d20927-14-713768-1.jpg ]


コーヒーには飲む人にやすらぎをもたらし、時に一歩前に進む勇気をくれる不思議な力をもった飲み物です。それはスイッチのようでもあり、雨から晴れに変わる「雨あがりのじかん」にも似ていると感じています。


ドリップコーヒー「雨あがりのじかん」は、 雨が上がり、これから何かがはじまりそうなワクワク感をイメージしてコーヒー豆をセレクトし焙煎、そして挽きたてをドリップバッグに充填してお届けいたします。
雨上がりにピッタリな味。たとえば、春の心地よい雨に、夏の夕立、秋の時雨。
それぞれの季節ごとに銘柄を変化させてお届けします。Qグレーダー(国際的なコーヒー鑑定士の資格)の腕の見せ所です。


[画像3: https://prtimes.jp/i/20927/14/resize/d20927-14-835025-2.jpg ]


今回で第3弾となる、雨あがりのじかん。

今回のコーヒー豆を選ぶにあたりイメージしたのは『春時雨』。

『春時雨』は、晴れたと思ったら降りだし、降り出したと思ったらやむ。人の心のようでもあり、コーヒーに感じる複雑な多様性とも思えます。


使用する有機コーヒー豆の原産地はホンジュラスの標高1,200m以上で栽培された高品質なアラビカ種となります。カフェイン除去に信頼のおけるドイツCR3社の手によってカフェインレスコーヒーに仕上げて頂きました。


[画像4: https://prtimes.jp/i/20927/14/resize/d20927-14-482946-3.jpg ]


ホンジュラス→ドイツ→日本とはるばる辻本珈琲へやってきましたホンジュラスのカフェインレスコーヒー生豆は、2019年に新設しました焙煎工場にて焙煎し、自社で一貫して1杯取りのドリップバッグまで生産いたします。

その風味は、有機コーヒーらしいハーブを思わせるフレッシュな香り、野性味ある果実味を含んだ柔らかな酸味と甘さ、そしてスパイシーな苦みがバランスよく調和したカフェインレスコーヒーとなります。


[画像5: https://prtimes.jp/i/20927/14/resize/d20927-14-724347-4.jpg ]


季節の変わり目や時雨は、温冷の変化もあり体調を崩しやすい時期ですね。心安らぐ豊かな味わいのコーヒーで雨あがりのじかんをお楽しみください。



ゆったりしたい日も、新しく始めたい日も、心に寄り添えるコーヒーでありますように。


カフェインレスドリップコーヒー「雨あがりのじかん -春時雨-」は、TSUJIMOTO COFFEEのWEBサイト、ロースタリー併設の実店舗(大阪府和泉市春木町1156-1)で3月15日(金)よりお買い求め頂けます。


雨あがりのじかん
https://tsujimoto-coffee.com/fs/sutekinajikan/d_aj/sdc-ameagari60p

TSUJIMOTO COFFEE
https://tsujimoto-coffee.com/
株式会社すてきなじかん
http://sutekinajikan.co.jp/

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=w3Lqe2vN7Bk ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ