多摩美術大学アートアーカイヴセンター創設記念シンポジウム「新たなるアートアーカイヴに向けて」を開催します。

多摩美術大学アートアーカイヴセンター創設記念シンポジウム「新たなるアートアーカイヴに向けて」を開催します。
前衛美術運動 もの派、竹尾とDNPのポスターコレクション、メディアアートの3テーマで展開する2日間。

多摩美術大学(所在地:東京都世田谷区/八王子市、学長:建畠晢) は、多摩美術大学アートアーカイヴセンターの創設記念シンポジウム「新たなるアーカイヴに向けて」を、2019年3月29日、30日の2日間にわたり、同大の八王子キャンパスにて開催いたします。無料・申込不要(200席先着順)

[画像1: https://prtimes.jp/i/34331/15/resize/d34331-15-994983-6.png ]


アートアーカイヴセンターは、多摩美術大学が有する膨大な過去の美術資源を、学内の美術館、図書館、研究所やセンター、ギャラリー群を有機的に繋ぎながら整理することで、作品そのものだけではなく、それらの時代背景や制作過程までを含めたアーカイヴを構築し、新たな創造行為に結び付けていくためのプラットフォームとして、2018年に設立されました。

「過去の作品だけでなく、それらが制作された際の周辺情報を物語る資料を、多角的に分析することで、それ自体が作品であり批評でもあるようなアートアーカイヴを構築し、学生や次の世代のクリエイターの育成に繋げていきたい」と久保田晃弘同センター所長は語ります。

今回のシンポジウムでは、センター設立時の活動の軸である「もの派 / 安齊重男写真アーカイヴ」「ポスター / 多摩美ポスターアーカイヴ」「メディアアート / 三上晴子アーカイヴ」の3つのテーマを中心とした発表と議論を行います。具体的には、小泉俊己(同大油画専攻教授)らによる、近年世界で再注目されている戦後日本の前衛美術運動、「もの派」と深く関連したアートドキュメンタリスト安齋重男の写真アーカイヴ、佐賀一郎(同大グラフィックデザイン学科准教授)らによる、竹尾とDNPとの共同研究による多摩美ポスターアーカイヴ、そして久保田晃弘(同大メディア芸術コース教授)らによる、2015年に急逝した三上晴子(同大メディア芸術コース教授)のインタラクティブ・インスタレーション作品を事例としたメディアアートアーカイヴの研究とその成果が、ゲストを交えて発表される予定です。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年3月12日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。