全社員をファッションデザイナーに!?

全社員をファッションデザイナーに!?
       
業界No1の働き甲斐を目指すリユース企業が取り組む新たな福利厚生制度

経営ビジョンに「もう一度、愛着の持てる豊かな世の中へ」を掲げ、アパレルのリユース事業を展開する株式会社スタンディングポイント(本社:東京都大田区、代表取締役社長:若森寛)は、全社員がファッションデザインを経験できる新しい福利厚生制度を導入いたしました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/39331/2/resize/d39331-2-149282-1.png ]

入社して直ぐ、ファッションデザイナーになれる
今回の制度は、入社期間に関わらず、弊社が取り扱う二次流通では再販が難しいデザインやコンディションの古着をベースとして、自らがラフをデザインし、業務委託先にて縫製加工、1点モノを創り上げる事ができるという少し変わった制度です。アパレル業界でデザイナー職を希望して就職したものの、自身のデザインや企画から1つの製品を作り上げる機会やポジションに就くまでには相応な時間を要しますが、学校を卒業後、入社しきたばかりの社員(素人)でも、古着を組み合わせて、再販が可能な製品に生まれ変える事が体験できる福利厚生制度です。

導入した背景にある創業の想い
当社は2001年の創業以来、国内外のブランド古着のリユース事業を展開してまいりました。ご不要な洋服やブランド品、靴などの査定のご依頼を受け、店舗やお客様のご自宅でお見積りをさせていただく過程において、コンディションが悪いお品物やトレンドから離れてしまった再販が難しいお品物の査定依頼も一定量、存在していました。これまでは、ウエスの材料として加工してもらえる提携先を経由して再資源化にも取り組んでまいりましたが、「古着のイメージやステータスを変えていきたい」、「リユースの魅力をもっと世の中に伝えていきたい」という社員の声に応えるかたちでこの制度は実現いたしました。「今あるモノをより長く」という創業の理念を体現できる制度である事、アパレル業界の大量生産から生み出される過剰在庫や廃棄という課題に対して一石を投じる制度です。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月22日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。