[3Dスキャナー計測] 東海テクノ株式会社が3Dスキャナー計測サービスを開始!

[3Dスキャナー計測] 東海テクノ株式会社が3Dスキャナー計測サービスを開始!
「既存設備の図面が欲しい」、「大型機械導入時の干渉チェックをしたい」、「設備の経年変化をモニターしたい」、、、これまでは多くの時間と費用がかかっていたこれらの作業を短時間で完了します。

東海テクノ株式会社はFARO社3Dスキャナー(照射距離150m)と富士テクニカルリサーチ社の点群処理ソフトGalaxy-Eyeを導入し、計測サービスを始めました。対象物の計測をしたのち、3DCAD図、平面図、アイソメ図、またムービー作成等が可能です。

東海テクノ株式会社(静岡県静岡市清水区宮加三700、代表取締役社長 中嶋康喜、TEL:054-336-1161、https://www.tokaitechno.co.jp)が提供する3Dスキャナー計測サービスは、これまでマニュアル作業に頼っていた現地調査業務を大幅に効率化、驚くほどの短時間でかつ正確に実行します。

例えば、「配管ルートの変更を行いたいが、設備が古く図面が残っていない。もしくは図面は残っていても、長年の間に変更が加えられ現状は図面と異なっている箇所がある。まずは現状設備の図面を用意したい、、、」 このような場合、従来であればスケッチブック、鉛筆、360度カメラ、コンベックスを手にした作業員が複数名現場に赴き、長い時間をかけて設備を調査していました。高所や危険箇所には立ち入ることが出来ず写真画像から寸法を算出したり、また高所からしか見えないところは付帯情報を頼りに形状を類推せざるを得ないなど、多大な時間をかけて作業を行いながらも不確実な部分は残したままでした。膨大な時間はそのまま費用にも反映されます。またこうした作業は天候にも左右され易く、計画通りに現地調査が進まないなど工程遅れに繋がるだけでなく、現場の状況によっては計測ミスが発生することもあります。その結果、我々のみならず多くのお客様がストレスを感じてきました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月26日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。