令和(れいわ)初のゴールデンウィーク!約10%の人が全く休みがないと回答?!引越し侍の調査で分かった働き方格差とは

令和(れいわ)初のゴールデンウィーク!約10%の人が全く休みがないと回答?!引越し侍の調査で分かった働き方格差とは
株式会社エイチームのグループ会社である株式会社エイチーム引越し侍(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:熊澤博之)は、同社が運営する引っ越しの見積もり比較サイト『引越し侍』の利用者に対して「ゴールデンウィークの予定」に関するアンケートを実施し、調査レポートを公開しました。(https://media.hikkoshizamurai.jp/report/vacation/

[画像1: https://prtimes.jp/i/1348/1467/resize/d1348-1467-506158-0.png ]

◆調査サマリ
1. ゴールデンウィークの休み日数はどれくらい?
7日以上の休みがある人が約60%いる一方で、休みが6日以下という人は30%、全く休みがない人も10%ほどいるという結果に。

2. 働き方別にみるゴールデンウィークの休み日数
固定休※1では、7日以上休みがある人の割合が70%を超えた一方で、不定休※2では約30%に留まる。さらに、「休みがない」と答えた人が24%となり一番多い結果に。
※1 会社員(土日休み)・公務員
※2 会社員(シフト制)・パート・アルバイト・自営業

3. ゴールデンウィークは何をして過ごす?
「何もしない(19%)」、「帰省(17%)」、「趣味に時間を使う(16%)」、「国内旅行(14%)」の順に多くなり、2019年のゴールデンウィークは最大10連休という大型連休にも関わらず、「海外旅行(3%)」の割合は少ない、やや意外な結果に。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年4月11日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。