(株)AI Samuraiの代表の白坂が、バングラディッシュで開催されたナレッジ・インフォメーションマネージメント国際会議「i-IKM2019」にて登壇致しました。

(株)AI Samuraiの代表の白坂が、バングラディッシュで開催されたナレッジ・インフォメーションマネージメント国際会議「i-IKM2019」にて登壇致しました。
人工知能を用いた特許評価に関する論文発表を行いました。

人工知能を用いた特許審査シミュレーションシステム『AI Samurai(R)』を開発・販売する株式会社AI Samurai (エーアイサムライ 本社:東京都千代田区)の代表取締役社長の白坂一は、バングラディッシュで開催された、第一回ナレッジ・インフォメーションマネージメント国際会議「i-IKM2019(the 1st International Conference on Information and Knowledge Management )」にて人工知能を用いた特許評価「ARTIFICIAL INTELLIGENCE EXAMINER IN PATENT EVALUATION」の論文を発表をし、国際会議の司会をおこなったことで表彰盾を受けました。

i-IKM2019とは
i-IKM2019(the 1st International Conference on Information and Knowledge Management )は、繊維産業などの発展が進むバングラディッシュの国内事情を踏まえ、名門イーストウエスト大学(East West University)および、バングラディッシュ行政研修センター(Bangladesh Public Administration Training Centre)共催にて、2019年4月25日から27日まで開催されております。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年4月27日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。