不動産から生まれた お金 第3の置き場「i-Bond」

不動産から生まれた お金 第3の置き場「i-Bond」
拡大する(全1枚)
5月10日(金)正午 申込開始

不動産賃貸関連サービスの株式会社マリオン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 福田敬司、以下「当社」)は、本日正午より、i-Bondホームページ(https://www.i-bond.jp/)にて、申込受付を開始いたします。

【i-Bond商品概要】


予定分配率:年1.50%(税引前)
申込開始日:2019年5月10日
事業開始日:2019年6月1日
優先出資予定総額:541,500,000円
劣後出資予定総額:28,500,000円
出資予定総額:570,000,000円
優先出資一口の金額:10,000円
劣後出資一口の金額:10,000円
優先出資の出資予定総口数:54,150口
劣後出資の出資予定総口数:2,850口
対象不動産の取得日:2019年6月1日
対象不動産の取得金額:570,000,000円
鑑定評価額:570,000,000円
財産管理報告書の交付期限:毎年11月30日
計算期間:計算期日 毎年9月30日営業年度 毎年10月1日~9月30日
分配:毎年11月末日
事業者:株式会社マリオン


【対象不動産】
AIFLAT dokanyama
ソニー不動産が、ソニーグループと初めて企画するIoT×AIのコンセプトの新築スマートホーム。ソニーグループ独自開発のスマートホームサービス「MANOMA」を設置。「MANOMA」はホームセキュリティ機能、家電の遠隔コントロール機能、宅内における音声コントロール、スマートロックなどの利用が可能、さらに超高速インターネット回線(NURO光)、IoT機器のマルチファンクションライトも標準装備。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク