桜美林学園がeラーニングで教員免許状を更新できる「教員免許状更新講習システム」を導入、サービス提供を開始

桜美林学園がeラーニングで教員免許状を更新できる「教員免許状更新講習システム」を導入、サービス提供を開始
学校法人桜美林学園(以下桜美林学園)とキヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)およびキヤノンITソリューションズ株式会社(代表取締役社長:金澤明、以下キヤノンITS)は、このほどeラーニングで教員免許状を更新できる「教員免許状更新講習システム」を共同で開発、構築、導入しました。
桜美林学園は本システムをプラットフォームに、全国の幼稚園・小学校・中学校・高等学校・特別支援学校など全教員を対象に、2019年5月16日よりサービス提供を開始します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/13943/474/resize/d13943-474-297590-0.jpg ]


[画像2: https://prtimes.jp/i/13943/474/resize/d13943-474-969923-1.jpg ]


2009年4月1日に教員免許状更新制が導入されて以降今年で10年が経過しました。教員免許状更新制は、その時々で求められる教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能を身に付けることを目的に始められた制度です。
教員免許状の有効期限は10年間ですが、更新にあたり教員は大学等で開催される教員免許状更新の講習を30時間以上受講し修了判定を受ける必要があり、日々の業務において多忙を極める教員にとっては少なからず負担になっているという課題があります。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年5月13日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。