プライムスタイル、プライムラボとアパンドールが、ブロックチェーンを使った地域通貨、コミュニティトークンのコンサルティングを開始

コンサルティング提供の背景
昨年から今年にかけて、スマートフォンを利用したQRコード決済サービスが国内で急速に普及しており、スマートフォンをベースにしたフィンテック事業領域が活発化しています。また、銀行等でもブロックチェーンを活用した暗号資産の実証実験もはじまっており、ブロックチェーンの活用をふまえた金融インフラの構築に注目が集まっています。

3社の強み
アパンドール株式会社(本社:横浜市中区、代表取締役 三浦 光、以下「アパンドール」)では、昨年よりブロックチェーンを活用したスマートフォンウォレットアプリの開発や暗号資産の設計、発行などのコンサルティングを行っており、すでに商用運用されている事例もあります。さらにはポイントを活用したプロモーション、マーケティングのノウハウを保有しております。一方、株式会社プライムスタイル(本社:東京都世田谷区、代表取締役奥田 聡、以下「プライムスタイル」)は、国内大手企業から中小企業までの様々な業態のシステム開発のコンサルティング実績があります。Prime Labo Co., Ltd.(本社:ベトナム ホーチミン、General Manager 滝田 秀樹、以下「プライムラボ」)はブロックチェーンの開発経験のあるエンジニア陣を擁し、オフショア開発によるコストパフォーマンスの高いシステム開発、ブロックチェーン周辺の開発が可能です。最近では、人口知能に特化した研究所も開所し、AI時代を見据えたクライアント様のニーズにあった提案・実装もご提案できます。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年5月16日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。